コラム

冬の静電気対策 〜131226

コラムイメージ

寒くなり、静電気が発生する冬の季節になりました。
衣類などを脱ごうとすると、くっついたり、パチッと音かしたりで嫌ですね。

静電気とは諸々の本によれば、次を言うようです。
すべての物体はマイナスとプラスを持った電子から成り、この電子はつり合って安定しているが、物体が動いて摩擦し電子が移動して一方的に偏ってしまうと帯電状態になり、物にさわるとパチッと放電するということです。
では、どうすれば良いか、静電気予防と帯電後の対策を調査してみました。

予防には、1)衣類で合成繊維製品ではなく帯電しにくい天然繊維製品を使用する。2)部屋の湿度を上げておく。3)衣類洗濯時に柔軟剤を使用する。4)事前に静電防止スプレーを塗布する。5)自分の体の血液を酸性化から弱アルカリ性に保つ、などが考えられます。3)の柔軟剤では当社もHMPAC業務用液体柔軟剤201-JEやHMPAC業務用液体柔軟剤202-MFを販売しています。

帯電後の対策には、1)適度に水分が含まれたしぼった布で軽くふいて湿気を与える。2)アルミフォイルを切って、切り口のギザギザしたところを服に接し、放電させる。3)ビルの壁などやコンクリートや石材などに触れ、放電させる、などです。

皆さん、時間があれば可能なものから上記、静電気予防と帯電後の対策を試してみたらいかがでしょうか。