コラム

花粉対策としての洗濯 〜130307

コラムイメージまた花粉が一番飛散する季節がやってきました。
今年の春の花粉は昨年の数倍とか、加えてPM2.5や黄砂も加わって、花粉症の皆さんは憂鬱な春になることでしょう。
花粉症になった時または症状の出る前の薬やサプリメントなどの対症療法は勿論、その前の対策も大切です。
それには花粉を体内に取込まないこと、取込む機会をなるべく減らすことです。そのためには衣類になるべく付着させないこと、付着した花粉はなるべく室内に入れなことでしょう。
付着させない材質としてポリエステルやナイロンなどやツルツルの素材があり,付着させない処理として、静電気防止剤スプレーがあります。
衣類に付着した花粉は家に入る前に払い落しや吸着ブラシなどで出来るだけ取除きます。
取りきれない花粉は、水洗出来る衣類の場合は小まめに洗濯しましょう。乾燥はなるべく部屋干しが望ましいです。
部屋干しの独特の臭いは抗菌剤や漂白剤(酸素系)入りの洗剤を用いると防げます。
部屋干しの場合は干す道具や扇風機などで空気の流れを作ることも乾燥効率を高めます。
柔軟剤仕様も同様な効果と着用の際に花粉付着の防止にもなります。
コインランドリーにある乾燥機の使用もおススメです 。